クレジットカード審査と返済能力

お申し込みをして、確認されるのは個人情報と信用情報になっています。住所や氏名、年齢に年収、勤続年数など細かい部分まで確認されますので、決して嘘をつかないように。特にクレジットカードの審査で重視されるのが収入の部分で、あまりにも収入が少ない方や勤続年数が1年未満ですと落とされてしまう可能性があります。勤続年数が短いという事は、それだけまだ収入も安定していないという事になりますので、通れないこともあるのです。(check! クレジットカード審査が甘い会社雇用形態もきちんと確認しておりますので、無職の方や専業主婦の方のご利用は不可となっております。なぜなのかと言いますと、クレジットも総量規制の対象になっているからなのです!そのため、収入の無い専業主婦のお申し込みは出来ないようになっているのです。中には、専業主婦でもカードを発行してくれる場所もございますので、希望は捨てない方が良いでしょう。


クレジットカードには借入件数も関係する

今現在、消費者金融からお金を借りている方もいらっしゃると思うのですが、それが原因で審査に通れないという事もあるのです。消費者金融も総量規制の対象の為、クレジットカードの審査にも大きく関係してきますので、ぜひ覚えておいていただけましたら、幸いです。消費者金融から借入している金額が少額だった場合、または遅延することなくきちんと毎月の返済をしている方は審査でも何も問題なく、通れるでしょう。しかし、何社からも借入をしる場合やその金額が多額の場合、しっかりと返済できていない方に関しましては厳しいかもしれません。そういった返済に関することやお金に関する情報は、全て信用情報として登録されているので気を付けた方が良いです!しっかり返済されているのであれば、比較的問題ございませんのでご安心を。お申し込みの際には、ご自分の状況を調べておかれるのが良いでしょう。 信用が大事

どうすれば信用してもらえる?

どうすれば信用してもらうことが出来るの?と思った方もいるでしょう。それはやはり、ご自分が利用した金額の返済を毎月しっかり遅延することなく支払う事なので、心がけるようにしてみてはいかがでしょうか?消費者金融やクレジットカードの返済だけではなく、公共料金や携帯電話のお支払いも同じことで、遅延を繰り返してしまうと発行してもちゃんと返済をしてもらえないのでは?と思われてしまうので、注意が必要です。普段からしっかり行っている方がお申し込みと審査をした場合、スムーズにクレジットカードを発行してもらうことが出来ます。遅延をしてしまっている方は、遅延してしまう事がないように頑張ってみて下さい!

next クレジットカード審査と信用情報