クレジットカード審査でやってはいけないコト

お申し込みをする際には、ご自分の個人情報や信用情報を記入していきます。これは窓口でもインターネットからのお申し込みでも同じ事ですので、しっかり覚えておくようにしましょう。(check! クレジットカード審査が甘い会社)記入する際には、収入を偽ったり住所を他人から借りる事は決していけません。きちんと正しい情報を書き記し、担当者へ提出して審査をしていただきます。嘘をついても相手はプロですから、すぐに気付かれてしまいますし、一度嘘をついてしまうとお申し込みの際門前払いをされてしまったり、審査さえしてもらえないこともあるので充分注意するようにして下さいね!また、誤字脱字が多く見られる場合も審査では不利になり、落とされてしまう場合も。文字が汚いのもマイナス評価につながりますし、連絡先を未記入にしてしまうのもマイナス評価。クレジットカードを多く持っている方も、不利になりやすい傾向があるため注意が必要です。


クレジットカードと申し込みブラック

皆さんも一度くらいはこの申し込みブラックと言う言葉を聞いたことがあるのではありませんか?申し込みブラックとは、短期間で3件以上お申し込みをしてしまう事なのです。クレジットカードの審査に落とされてしまったから、ちゃんと通ることが心配だからと言って、短期間にクレジットカードのお申し込みをするのは良くありません。そんなにたくさんお申し込みをしてしまえば、相当お金に困っている人、返済能力があるのかどうか疑問を抱かれて、審査に落とされてしまう事もあるのです!ですから、どんなに不安であっても短期間でのお申し込みはやめましょう。お申し込みをする際には、そのお申し込みをした日にちを覚えておかれることをお勧め致します。そうすれば、いつお申し込みをしたのか分かりますので、次にお申し込みをする際には安心できます。ちなみに、申し込みブラックになってしまった場合、その情報は信用情報に登録されてしまいますので、十分注意しましょう! 申し込み過ぎ注意

カードの持ちすぎもダメ

お申し込みの際にはカードの持ち過ぎに気を付けるようにしましょう。すでにクレジットカードを何枚か持っている方は、審査に通りにくくなってしまいますのでお申し込みをする前に、破棄できるものは破棄してしまうのも良いでしょう。あまりたくさんクレジットカードを持っていると、返済能力について疑問を抱かれてしまいますので、数を減らせるのであれば先に解約してしまった方が良さそう。クレジットだけではなくて、消費者金融や銀行のローンカードもおなじで、こちらのカードを多く持っている方もまた審査の不利になります。審査を受ける前には、必ずご自分自身でご確認するのが良いでしょう。

next クレジットカード審査と返済能力